セルフスタンドの増加

ちょっと前まではガソリンスタンドにはスタッフジャンバーやつなぎを着た人がいて、ガソリンを入れてくれたり、入れている間に車の窓ガラスを拭いてくれたり、希望しればタイヤの空気圧なども計測してくれたりとサービスを感じるところだったのです。そのようなガソリンスタンドは今でもありますが、最近ではセルフスタンドといって、自分でガソリンを入れるスタイルのスタンドが多くなっています。そのために当然ガラスを拭いてもらったりなどのサービスはないのですが、その分価格が多少は安くなっているのでしょう。

従来のガソリンスタンドの人気

しかし中高年の中には、ガソリンの入れ方について知らない人も多く、また静電気で爆発する可能性もあるということを重大なことと受け止めて、できればスタンドの人に入れてもらった方が安心できると思っている人も多いです。そのために、価格以上にスタンドに人がいるか、いないかをスタンドの選択条件に考えている人もいます。自動応答で入れ方を教えてくれるとしても、自分は座っているだけで入れてくれて、また窓ガラス拭きのサービスも受けられる従来のスタイルを希望している人も多いのは事実ですよね。

バイトの意味合いの見方

そのような時代の流れから、昔ほどガソリンスタンドにはバイトの数も少なくなっていますし、セルフスタンドの場合には、危険物等といった資格を持っているバイトを夜間に使用したりするケースも多くなっていて、スタンドで働く機会が昔よりは少なくなっています。ただ翌年の新入社員が現場を知るためガソリンスタンドでバイトをしているケースもあり、社員になった際に現場の経験を生かすという研修の場に考えている企業もあります。

ガソリンスタンドでのバイトは車の誘導、給油、オイル交換、清掃など幅広く、車の知識もある程度求められ、危険物取扱の免許取得者は賃金などで優遇されることがあります。